代表挨拶

株式会社 エコライフ荒城

glass-3191508

株式会社エコライフ荒城 ご挨拶

弊社は従業員一同、安全且つ迅速に土木建設作業に取り組んでおります。

最良の施工をして、取引先企業様や社会から信頼される会社を目指し

土木建設作業に従事しております。

従業員の生活やくらしの向上に努力をし、土木建設事業を通じて社会(地域)

に貢献できるよう尽力してまいります。

                   

   代表取締役  荒木 真治

 

事業紹介

土木建設事業 株式会社エコライフ荒城の事業紹介

大崎市の隣町加美郡加美町にあります、

エコライフ荒城の事業紹介です。

  • home-1353389

    土木事業

    公共工事の下請けを中心に一般道、高速道路工事・河川工事・造成工事の構造物、コンクリート工事、石積等それぞれに付随する工事の施工をしております。

    宮城県土木部優良専門工事業者として宮城県土木部長から表彰されました。

     

  • window-3077128

    建築事業

    施工事例といたしまして、民間工事を中心に建物基礎、タイル・左官工事、塗装工事やそれに伴う外構工事の施工をしております。

  • kitchen-2495602

    許可内容

    建設業の許可

    宮城県知事許可(般ー27)

    第18898号

    許可業種

    土木工事業

    石工事業

    鋼構造物工事業

    ほ装工事業

    しゅんせつ工事業

    水道施設工事業

     

    産業廃棄物収集運搬業許可

    許可番号 00405198365

COMPANY会社概要
  • 概要

    名称

    株式会社エコライフ荒城

    住所

    宮城県加美郡加美町宮崎字赤坂浦1-7-1

    TEL 0229-69-5477
    URL https://www.ecolifearaki.com
    E-mail info@ecolifearaki.co.jp
  • アクセス

    お車でお越しの際は、東北自動車道古川インターより30分

    陶芸の里スポーツ公園

    加美町総合体育館より車で3分

建設事業土木事業

株式会社エコライフ荒城

consulting-for-real-estate-3031678

土木事業(どぼくじぎょう)建設事業のうち、建築事業以外の事業の呼称。都市計画事業・都市建設事業のうち、土木分野の事業もいう。 また、建設業の事業内容、ゼネコン・建設会社における建築以外の建設事業。

主な種類に道路整備、各種トンネル構築、港湾築港や改築、鉄道敷設、運河造成、河川海岸治山治水砂防などの事業やダム事業・河川総合開発事業水田開発、疏水事業、管材土木事業、電源開発事業、川の流路変更(治水事業)、堤防建設、水路建設・修復、海浜・海岸埋め立てや山野の開墾、干拓ため池の築造や補修などがあるが、震災復興事業の大半は土木事業が占める。歴史的にもイェータ運河難波の堀江マクペラの洞穴などの例があり、仁徳天皇古墳築造や茨田堤の築造は、日本最初の大規模土木事業だったとされる。

その他、農林水産業の分野では、農業分野のルーラル・エンジニアリング事業は農業土木事業と呼ばれ、関連団体に農業土木事業協会がある。林業分野ではわかやま森林と緑の公社などや森林コンサルタントなどが行う森林に関するエンジニアリング事業は森林土木事業と呼ばれる。水産分野では水産資源の移植、海洋種苗移植技術、漁業者による磯焼け対策、藻礁開発、海藻の着生、藻場分布調査、沖合漁場整備、増殖場・核藻場造成、礁開発・人工動揺基質開発、漁場改善、などは水産土木事業として行われ、関連学会に日本水産工学会などがある。

土木学会の目的は、「土木工学の進歩および土木事業の発達ならびに土木技術者の資質向上を図り」とし、名誉会員は、土木工学又は土木事業に関する功績が特に顕著である会員に贈られる称号である。建設コンサルタントに関する昭和34年1月、建設省事務次官通達は、「土木事業に係わる設計業務などを委託する場合の契約方式等について」としている。土木事業の代表例は国土交通省地方整備局の直轄土木工事の施工や管轄府県土木工事などの公共事業で、江戸時代には土木事業を普請、建築事業を作事と読んでいた。

土木事業費とは、土木事業を行う費用をいう。土木計画学では土木事業計画という分野がある。

建設事業とは、工事を伴う社会基盤の整備をさす。現在において、建築工事と土木工事は、企業や管轄行政、法律において重複したり区分が違う場合がある。

斜長橋鉄塔などである高さが備わるもの、ダムなどに備わるエレベーターシャフト排水機場の施設建屋、衛生管理処理施設(汚水処理場など)、樋門の管理建屋など、また地下街など、屋根がついていて、人が中に入ることができる工作物に関しては、建築基準法による「建築物」にあたるため、工事区分や行政の取り扱いは土木工事であっても、また土木構造物の範疇であっても一定の規模なら建築確認申請が必要になり、建築士が設計に当たる必要がある。土木構造物の設計自体は建設コンサルタントが担当する。工事区分や行政の取り扱いは土木工事である。また基礎工事は建築、土木ともに重要でありほとんど全ての工事に伴うが、工事区分としては土木工事である。

purchase-3113198